前へ
次へ

浮気が離婚理由

浮気が誰にも気づかれない保障など存在しない。男女間の恋愛は「その時々で温度差が変化」するものである。従って「熱愛中の男女」と「興ざめした男女」では感情がまったく異なり浮気相手に対する行動にも変化が表れる。熱愛中で仲良く浮気関係を継続している時点では良かった関係が「浮気が発覚し問題が起こって崩壊」することにより「相手の悪い部分が急に見え始め」お互いを信用しあえない関係へと変化する。このような状況に陥ってしまっては「自身の保守が優先」され「浮気相手への気遣い」などする余裕などなくなってしまう。浮気の事実を認めてしまえば「浮気相手のパートナーから慰謝料請求」されるという事態がまっているからに他ならない。

単に火遊びの浮気と考えていた「自身の考えが甘い」ことを再確認するのである。

遊びの浮気など世間には存在しないという事が探偵目線では常識である。探偵に浮気調査を依頼する「浮気された家族の本気度」で事態は全く異なるからである。現在、浮気が立証され慰謝料請求された場合の金額提示は100万円から300万円の間と幅広い。慰謝料請求された側からすれば「とんでもない事をしてしまった」とこの時点で落胆しあらためて気がつかれる方も多く存在する。ある日突然「内容証明が届き浮気の証拠を撮られた事を認識する」のである。

浮気が本気になり「離婚を前提に浮気相手と交際」する既婚者の場合に多いトラブルに「離婚したい為に浮気を認める」方が存在する。皆さんご存知とは思うが離婚には「必ず離婚の理由」が必要であり「浮気が原因である」と認めて離婚した場合には「離婚したから浮気の責は無い!」ということにはならないのである。離婚が成立した時点では「元夫や元妻が離婚の証拠をもっていない」状況でも離婚後ある一定期間は「離婚時の取り決めが変更が可能」なのである。養育費や慰謝料もろもろ離婚後でも変更できる可能性は大いにあると言える。離婚の理由ははっきりしており「浮気が原因」となってしまった場合には離婚後も浮気相手と「晴れて交際できる」わけでは無いことが言える。家庭を持った人物が浮気を理由に離婚することはハイリスクであることが理解できることだろう。

離婚した家庭の住宅ローンや慰謝料・養育費などを支払いながら「自身の生活を成立させる」には経済的余裕がある人物以外は極めて困難なのである。人並みな会社員や公務員が「薄給でやりくりすることは難しく」離婚後に昼夜無く働く方も多く存在する事が紛れもない事実なのである。

Page Top