前へ
次へ

浮気で気がつく愛情

浮気をしてしまい「後悔する感情がある人物」は人間的に良心をもった人物であろう。家庭があり「一時の気の迷いであった」と考えられ、後に我に返り「恋愛熱で周囲がまったく見えなくなっていた」と気づけることだろう。このような浮気は長い人生で多くの方が経験し過ちに気がつき「自らが最も大切にしているモノが何であるか再確認する機会」をあたえてくれることにもなる。人は間違い気がつき成長してゆくものである。

自分が最も大切なモノに気がつけない人物には多くの場合「不幸とも言うべき末路」が待ちかまえている。家族よりも「浮気相手とのバラ色の生活を夢見」て離婚した結果「恋愛が冷めて気がつく浮気相手の本質」に落胆し捨て去った「家族や子供」に思いをはせる。

浮気が持つ魔性の恋愛熱はこのように「人生の選択を誤る分岐点」となって世間に甘く危険に存在している。

御主人や奥様の浮気に気がつき「浮気の恋愛熱から冷めて欲しい」一心で探偵に浮気調査を依頼する依頼人は後を絶たない。探偵も人生の過ちを過去に幾度となく見てきている経験から「依頼人の家庭を守る調査」を実施するのである。

お金に換えられない幸せとはこのような事態に向き合える「家族愛」であると探偵の著者は考えるのである。

家族の中に存在する「情」には幾つかが存在し「御主人や奥様への愛情」や「子供達に注がれる愛情」に「家族の健康や相手を思いやる情」などが代表的だろう。このような相手に対し無欲に情を注げる関係はごく僅かな存在の中でしか成立せず、長い人生の間でも一握りに人物間でしか発生しないものである。先に家族愛と表現したが広い意味合いでは「自身の人生に関わる大切な人物」とも言えるのである。毎日寝起きを共にしなくとも「常に想い健やかであって欲しい」と願う人物があなたの中に存在していれば「情が通った人物」といえるだろう。

浮気や不倫などの過ちを犯し「大切な人々を裏切ってしまった」としても「人生は長いレールの途中」である。探偵として一言申し上げられるとすれば「過ちよりも素晴らしい幸せな時間は再びやって来る」との言葉である。

浮気や不倫の熱から冷めて「一番大切な家族に謝罪」しゼロからの再出発を決心し「将来、自身が年老いた時に子供の結婚や出産といった幸せ」もまっていることだろう。浮気を大きな心で許してくれる御主人や奥様の愛情を再確認することも出来る。いくら間違った行動や罪を犯したとしても「家族愛」や「情」は簡単に途切れることがないと考える。

Page Top